マタニティ整体→産後骨盤矯正(症例2)

患者

女性 K.Aさん 30代 主婦 淀川区在住

 

来院

2017年 5月23日

症状

当院に通われていたご友人の紹介で来院された。

今回の妊娠が2回目で、1人目のときから腰痛が出現。

H29.5月の時点で妊娠5ヶ月目を迎えられてから、腰痛がかなりひどくなったとのことであった。

左右どちらがということもなく、腰部のちょうど真ん中に激痛が走るとのことで、歩行時や立ち座りなども困難な状態。

目標としては近々家族旅行に行かれるということなので、それまでには痛みを軽減したいということだったので、なるべくそれに合わせられるように治療をしていくことに。

 

 

既往歴

なし

治療内容と経過

妊娠前から気付かないうちに腰痛の原因となる、筋肉の硬さがあったと考えられ、2回の妊娠を機にさらに症状が悪化したということが考えられた。

妊娠時の患者様のお悩みとしては①腰痛②頭痛③肩こり④つわり➄薬を飲めないことによる精神的不安⑥逆子などがあるが、胎児が大きくなるにつれて、体の重心が変わり様々なところに痛みが発症しやすくなる。

まれに猫背がきつい方などは妊娠し、胎児が大きくなるにつれて、お腹と背骨のバランスが釣り合い、痛みがなくなるケースもあるが今回の患者様は純粋に身体の重心の位置が変わってしまったために、腰痛が起こってしまったのだろう。

患者さまの目標に間に合うべく、胎児に影響のない施術を開始した。

1回目は患者様の身体の状態を確認するために、鏡での骨盤のゆがみチェック。

右の骨盤が大きく上がり、左の骨盤が大きく下がっていた。

また夕方頃になると重心が右によりやすくなるともお聞きしていたので、体が左に倒れないように右にバランスを取り返していたというのが予想される。

妊娠中のため仰臥位での施術が出来ないため側臥位での治療をし、骨盤の安定化を図るべく、仙腸関節の調整を行う。

仙腸関節を調整しているときも、関節部分に響くような痛みが出現し臀部の筋緊張もかなりあった。

臀筋郡をしっかり調整しながら骨盤の矯正をしていき、母体の血液循環改善をさせながら母体の回復能力を高めていくことに。

腰の痛みからか姿勢が悪くなっていたので、姿勢のストレッチも行い腰部への負担を減らすようにもした。

治療後の痛みの度合いをお聞きすると10→7ほどへ低下していたので、また間隔を狭めての来院をお願いした。

2回目(3日目)鏡で患者様の骨盤をチェックすると、骨盤の歪みが1横指分だけ歪んでいた。

今回も夕方頃から右に寄りやすい感覚があったとのこと。

痛みに関しては前回の施術後の7ほどの痛みだったため、痛みが少しだけ緩和されていた。

また痛みの原因である骨盤の歪みの矯正と、腰部に関連している筋肉の調整及び、姿勢のストレッチを入念に行い、また近々の来院をお勧めした。

3回目(4日目)間隔を詰めて来て頂いたおかげで、骨盤の歪みはまったくなかった。

加えて腰痛もほとんどなくなっていたとのことで、目標の家族旅行に行けるところまで回復に成功した。

今回でマタニティ整体の治療を終了するが、産後は体のダメージが大きいので出産後は産後の骨盤矯正での治療をお勧めさせていただいた。

来院

2017年11月28日

症状

H.29.10月頃に自然分娩での出産を終えてから1ヶ月半ほどで産後の骨盤矯正の治療を受けに来院された。

今回の症状としては前回と同じく腰痛が出たとのことであったが、痛みの度合いは前ほどではないということであった。

また右股関節の痛み+首の痛みもある。

産後特有の骨盤の開きによりズボンが履けなくなったことや、足のむくみ、体重が戻っていないなどの悩みもあったのでそれらも同時に治療していくことにした。

1回目での骨盤の状態が前回は整っていたが出産を終えたからか、骨盤の歪みが大きくあった。

骨盤の歪みにより産後太りや足のむくみなどにもつながってしまうため、早めに骨盤の歪みを整えないといけない。

臀筋を調整しつつ骨盤の矯正を行い、骨盤の歪みを整えてから骨盤の引き締めも同時にした。

骨盤の緩みを取ることで大きくなった臀部や、内臓下垂などを防ぐことも出来るため、出産後は骨盤の引き締めを充分行ったほうがいい。

これによって安定化が進めば腰痛や、股関節痛の改善にも向かう。

また首の痛みも大胸筋の筋緊張が強かったために、痛みが起こりうるものでこの緊張を取ったあとは、首の痛みがほぼ取れていた。

出産後の体重や体型は、どうしても基礎代謝が下がるので食事の内容によりやせにくくなる。

このことを患者さまにお伝えし、産後骨盤矯正に通って頂くことにした。

2回目(3日目)2回目で骨盤の歪みはなくなっていた。

腰痛もかなり緩和されていたが右の股関節の痛みはまだ続いている。

前回少し緩和された首の痛みがまた出現していたので、前回と同じような治療をして次回まで様子を見ていただくことにした。

3回目(10日目)今回も股関節の痛みの度合いをお聞きしたが、10→5へ痛みが軽減されていた。

また食事内容は変わっていないが体重が1Kg減っていたとのこと。

基礎代謝が上がってきているのでこれからも食事に気をつけていただければ、体重が減ってくるので引き続きの食事内容をお願いした。

また前回の首の痛みが完全になくなったということだったので、これからは腰部と股関節の治療を中心に進めていくことをお伝えした。

4回目(17日目)右の股関節の痛みがさらに緩和されたという報告をいただいた。

腰痛自体は抱っこの繰り返しにより出たり出なかったりとのこと。

今回から足の長さの左右差を見ることにしたが、右の脚が左より短かったため、骨盤の歪みだけでなく捻れも取るようにしたら足の長さもそろったので、骨盤が大きく捻れていた。

この左右差も腰痛や股関節痛に関連があったとみて次回も骨盤をさらに完璧に整えていくことに。

5回目(26日目)抱っこをしていないときの腰痛や股関節痛はなくなったが、お子様を抱っこするときの負荷が腰部及び股関節にかかるため、痛みが出やすいとのこと。

骨盤の状態は完璧になってきたのでここからは、育児に支障の出ないよう、患者さまのケアをしていかなければならない。

またここから間隔を空けていただいてのご来院をお願いした。

 

施術方法

骨盤矯正・臀筋調整・骨盤閉め・腸腰筋調整・腓骨筋調整・ウエスト調整・下腹調整・姿勢矯正ストレッチ・腰方形筋調整・大胸筋調整

考察

マタニティ整体から産後骨盤矯正と長期間に渡る施術をさせていただいたが、出産前は骨盤の歪みがなかったのに対し、産後は骨盤のゆがみが出ていた。

やはり出産の骨盤の影響は多大なものだと実感させられた。

産後でしっかり治しておかないと、10年後、20年後に何かしらの痛みが出てくる可能性が高いので、育児で大変だとは思うが、ご自身の身体のためにケアは欠かさないでもらいたい。

執筆担当:三尾昭文

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分