猫背の治療ってどんなことするの?

人間年を取ると背中が丸くなっていきます。
なので『猫背=年を取った人』みたいな風潮がありますよね?世間一般ではこれを『猫背』というかわいい言い方をします。
でも猫背のせいでのちのちに出る症状は、そんなかわいいものではないです。
姿勢がピンと張れば若々しく自信があるように見えますが、猫背だと自信がないように見えて、印象がよくありません。
また姿勢が悪くなるとお腹が圧迫されて、内臓がつぶれ疲労がたまります。頭も下にさがるので頭痛がしやすくなり、精神的な不安にもつながってしまいます。姿勢が良いとからだに変な力がかからないので、全身の血流が良くなり、代謝が上がってやせやすくなります。

あと肩こりや腰痛にもなりにくくなります。姿勢がいいとこれだけ良いことが起こるのに、なぜ皆さん猫背を治さないのでしょう?
猫背は普段の私生活が悪くなると出やすくなります。
でも私生活を治そうと努力しても治らないのは、そもそも骨格自体に悪いくせがついているので、ちょっと頑張ってもすぐに戻ります。早めに治そうと思ったら、姿勢の専門家のところに行くのもいいかと思います。なので今回は猫背の治療について、どんなことをするのか、それと猫背に原因のある筋肉をご紹介していきますね!

 

猫背の原因となる筋肉へのアプローチ

『猫背の矯正ベルトって効果あるの?』
↑↑
前回こちらにも書いておきましたが、この筋肉が硬くなってしまうと猫背になりやすい筋肉の1つが『大胸筋』 です!
みなさん筋トレにおける『ビッグ3』というのを聞いたことがあるでしょうか?
スポーツのパフォーマンスをあげたいなら、ぜひやっていただきたい種目なのです。

ぼくも昔は筋トレをよくやっていて、この図の筋トレを中心にやれと言われたものでした。

・ベンチプレス=大胸筋

・スクワット=お尻や太ももの筋肉など

・デッドリフト=背中の筋肉

おかげさまでベンチプレスは140kg、スクワット170Kg、デッドリフト150Kgまでこなせるようになりました(笑)
まあ今では100Kgもこなせませんが・・・(泣)

なにが言いたいのかというとぼくの自慢ではなく、これらの筋肉が変に硬くなったり、縮んだり、弱くなったりすると猫背になってしまうんですよ。

次は『大胸筋』が猫背にどういった影響をもたらすのかについて、書いていきます。

 

猫背の原因の筋肉①『大胸筋』

大胸筋は腕をあげたり腕を横に開いたりする筋肉なのですが、最近の生活環境ではこの腕をあげたり、横に開くという動作が減ってきているのではないでしょうか?
逆にパソコン・スマホを見るなどして、腕や胸を縮める動作が多く感じませんか?
現在の生活環境では棚のうえにある物を取るなど、そんなときにしか腕をあげることも多いのでは?
筋肉が弱くなり、極端に縮むと肩が前に巻き込まれます。
そうなると猫背につながってしまうので、ある程度腕立てなり、腕をあげるなり習慣化していただくとありがたいです!

次はお尻の筋肉である『大殿筋』を紹介していきます!

 

猫背の原因の筋肉②『大殿筋』

 『大殿筋』はお尻の筋肉で一番大きなところです。
太ももの筋肉とつながっていて、股関節を前後に動かしたりする役割をもっています。
大殿筋はヒップラインに影響を与えるのはもちろんのこと、実は猫背や下腹のぽっこり姿勢に多い『骨盤後傾』(こつばんこうけい)とも関係があるんです。

骨盤がうしろの方にひっぱられるのは、お尻の筋肉が硬く縮んだ状態になっているからなんですね。そうなると猫背が進んでくるので、お尻の筋トレとして『スクワット』や『お尻のストレッチ』などを頑張ってもらうだけで、骨盤をひっぱるものがなくなるので、お尻の筋肉は弱らないようにしてくださいね!

次は背中の筋肉である『広背筋』をご紹介します!

 

猫背の原因の筋肉③広背筋

背筋と名前がつくので、背中の筋肉だと予想はつきますが、役割としては腕をうしろに引いたり、腕を内側にひねる動きをします。

例えば懸垂などがこの動きに大きく関わるのではないかと思います。

背中を鍛えるのはいいんですが、あんまり鍛えすぎると腕の筋肉を巻き込みすぎてしまい、肩が前にいってしまうことがあるようです。この筋肉が猫背に大きく関わってくる可能性があります。なのであんまり過度に鍛えすぎず、適度に鍛えるようにしてくださいね!

最後に猫背の治療とはどんなことをするのかについて、説明していきます!

 

猫背の治療とはどんなことをするのか?

当院の猫背の治療は基本的にバキバキしたりするような矯正はしません!

まず体のゆがみ方をチェックした後に、人間の土台となる骨盤のゆがみを治していくんです。上の図にもあるように骨盤の左右の高さが違うと、上の背骨がまっすぐ安定しません。
なので骨盤の安定化をはかるために、お尻の筋肉(大殿筋など)を調整しながら骨盤を整えます。骨盤さえ整えたらあとは背中の筋肉(広背筋)、大胸筋を伸ばしていく特殊なストレッチを実施。また肩甲骨に首・肩・背中の筋肉がたくさんくっついているため『肩甲骨はがし』をしていきます!

これをされる初めての患者さまはたいてい驚かれます(笑)
『なんか気持ちわるい!』『めっちゃ気持ちいい!』など患者さまによって様々です。特に肩甲骨に指が入らないと、姿勢が悪いという証拠にもなりますし、また首~肩、背中・腰の動きも悪くしてしまいます。だから肩甲骨は柔らかいに越したことはないんです!
猫背の患者さまに多いのは背中が原因ではなく、体の前側の筋肉に原因があるとお伝えしてきました。

当院ではこのお腹の筋肉も縮こまって、姿勢が悪くなっていると考えています!だってみぞおちから股関節までまたいでくっついているのに、縮こまったら前にひっぱられて絶対に姿勢が悪くなりますよ。
ぼくも猫背の患者さまには必ずこの筋肉を重要視して、調整させていただいています!

 

猫背のまとめ

猫背って背中だけ治しても間違いなく治りません。個人差はありますが色んな筋肉が原因で猫背になっているからです。
猫背が完璧に治るのは年齢が若い時だけです。年齢が上がるごとに筋肉がかたくなり、背骨も変形してしまうともう治すのが難しくなってくるのです!大切なのは悪い生活習慣を治してもらうと、猫背の予防につながるので頑張って治していきましょうね!
ご縁があれば当院でもしっかり治させてもらいますので、よろしくお願いします。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

執筆担当:三尾昭文
所持資格:柔道整復師 鍼灸師 サプリメントアドバイザー


柔道を中学・高校・大学と経験。昔から親しい道場の先生が整骨院を経営しており、ケガをする度に治療をして頂いていたのがきっかけで治療業界を志すようになる。

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 20:00
(水曜・日曜・祝日 年末年始休診)

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分