妊娠中のマタニティブルーってなに?

当院では妊娠中から産後のお母さん方の治療に力を入れていますが、今回は妊娠中の『マタニティブルー』について説明します。

『マタニティブルー』という言葉を聞いて、だいたいの方が想像がつくと思いますが、妊娠中の精神が不安定な状態のことです。

一応マタニティとついているから妊娠中だけと思いきや、産後にもそのような状態が起こります。

つわりがきつい時期などに多いんじゃないでしょうか?

『こんなきつい状態がいつまで続くんだろう?』

ってなると憂鬱な気分になってしまいます。

基本的には10~2週間程度で症状がおさまることがほとんどのようですね。

でも自分がマタニティブルーになってるって気付く方って、いないと思います。

一時的に泣きやすくなってしまったり、ヒステリックになってしまう、その症状の重さなどはさまざまです。

マタニティブルーの症状

マタニティブルーの症状はお母さん方によって違いますが、主に以下のような症状が多いです。

 

とくに何もないのに悲しくなったり、突然涙が出てくる。

イライラして怒りっぽくなる。

不安で眠れなくなる。

理由もなく、常に不安な状態が続く。

行動しようとするとやる気が出ず、からだが重だるい。

家族や、周りの人にやつあたりしてしまう。

食欲がわきににくくなる。

自分自身が嫌になってしまう。

感情の起伏が激しくなる。

落ち着きがなく、集中力がなくなる。

外に出るとしんどくなりそうで、外出しにくくなる。

 

マタニティブルーになると上のような症状が起こりやすくなります。

当院での患者さまの多くが、この症状が出たということだったので、ほとんどの方がマタニティブルーだと気付かず過ごされていたようです。

家事に慣れないご主人様のお手伝いの手間取りに、イラっとされる方もいらっしゃいました(笑)

なるべくつわりなどでしんどいときでも、ご主人さんを温かく見守ってあげてくださいね(笑)

マタニティブルーになる原因

妊娠中の原因としてはホルモンバランスの変化だと言われています。

妊娠すると、妊娠を維持するために女性ホルモンの分泌がかなり増えます。

さらに臨月に入るとその女性ホルモンの分泌量は、より多くなってしまいます。

それが産後になると、妊娠を維持するホルモンの分泌がなくなって、かわりに母乳を出すためのホルモンが増えます。

妊娠中~産後にかけて急激なホルモンバランスの変化によって、お母さんの精神状態にも負担がかかってくるのです。

おなかは大きくなっていくのでわかりやすいですが、からだの中のホルモンの状況なんてわかりませんもんね。

ご本人さんの変化はご本人さんが一番戸惑うと思いますが、ご主人さんも奥さんの変化に戸惑うことも多いです。

色んな旦那さんのお話を聞いても、妊娠中の奥さんは別の生き物だとおっしゃられます。

マタニティブルーになりやすい人

マタニティブルーになりやすい方というのは、性格などが原因でなりやすいという考えが一般的だそうです。

物事を真面目にとらえすぎる方や、几帳面な方、心配性の方に多く発症すると言われているようなので、難しいかもしれませんがこれが当たり前だと気楽に考えたほうがいいみたいですね。

本来妊娠時には喜ばしいことなのに、これからの生活が大きく変わることに不安を感じたり、自分が親になって子どもをきちんと育てられるのだろうか?

などもマタニティブルーになるきっかけになるみたいですが、絶対に1度は思うことなので、本当に女性は大変だと思います。

マタニティブルーの予防法

これからご紹介するマタニティブルーの予防法としては、当たり前の事かもしれませんが、もう一度再確認という意味で読んでいただければいいかと思います。

①お母さんが楽しむこと

旦那さんが家事に協力してくれなかったり、そのことで旦那さんとの関係に疑問を感じたりすると、マタニティブルーが悪化する原因となってしまいます。

また一人で考え込んでしまうと余計しんどくなってしまうので、友達とお話したり、好きな音楽などを聴いて楽しむなどで、症状が少し緩和されることが多いです。

精神が安定すれば赤ちゃんへの母性も正常に機能し始め、自然と物事を受け入れることが出来るようになるため、改善策として効果が期待できます。

なので一人で悩んでないで、自分の好きなことや楽しめるようなことをしてみてくださいね!

②話を聞いてもらう

妊娠すると体のしんどさからどうしても動けなくなるため、自宅にこもりがちになってしまいます。

そのあいだご主人様は仕事に行っているので、お友達やご両親などに来てもらい、お話してみてください。

普段仲のいいお友達とお話ししていると、つわりのしんどさを忘れやすいです!

また人に聞いてもらいにくい悩みなどは、今のご時世SNSなどを使って、同じ境遇の方に相談してみるのもいいと思います。

マタニティブルーのまとめ

妊娠して喜ばれる方や、妊娠したことなどによって不安になったり人の悩みは様々です。

また産まれてからの育児などによって、悩みすぎてしまい妊娠中から産後にかけてのマタニティブルーが増えています。

これは女性ホルモンの乱れが出やすい時期になるので、極端に症状として表れていることが多いですが、これは仕方のないことだと割り切るのも重要になってきます。

特に旦那さん自身がしんどい目にあわれているわけじゃないので、ママさんの感情に賛同してくれることも少ないかもしれません。

ですが旦那さんとよく話し合うことで、お互いが成長していけるはずなので、しんどい状態ですが旦那さんの心境もわかってあげてくださいね。

大事なのは一人で悩まず旦那さんやお友達、ご家族のかたにサポートしてもらいながらの、マタニティ期を過ごしてください。

マタニティブルーは一生続きません!

いつか終わりがくるはずなので、心配せず頑張ってくださいね!

 

 

執筆担当:三尾昭文
所持資格:柔道整復師 鍼灸師 サプリメントアドバイザー


柔道を中学・高校・大学と経験。昔から親しい道場の先生が整骨院を経営しており、ケガをする度に治療をして頂いていたのがきっかけで治療業界を志すようになる。

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分

初めての方限定割引

施術スタッフ募集

三国しんのう整骨院健康ブログ

交通事故治療での医療機関と整骨院の上手な使い方