産後から尾てい骨が痛くなっていませんか?

 

 

尾てい骨の位置の説明

当院で産後の骨盤矯正を行っているときに患者さまから、座っているときに尾てい骨(尾骨とも言います)の痛みがある、との相談を受けることがあります。

『尾てい骨ってどこ?』

っていう方は上の図の〇印をごらんください。

この〇印の部分なんですが、座ったり立った瞬間に尾てい骨がめっちゃ痛い!

となるようです。

産前は何ともなかったのに、産後に痛みが出だしたとなるのは、多くのお母さん方に割とみられる症状です。

でも尾てい骨が痛いと言われていても、場所をお聞きすると尾てい骨よりも上の、仙腸関節(せんちょうかんせつ)を指されるときがあるのでまずは場所を確認してみてください。

そもそもなぜ尾てい骨が痛くなるのか?

骨盤の仕組みを細かくあらわした図

尾てい骨の痛みがでる時期には、大きく分けて3パターンあります。

①妊娠中から痛かった

②分娩直後に痛くなった

③産後から徐々に痛くなった

この3つがほとんどのようなのですが、それぞれのパターンで痛む原因を説明していきます。

①妊娠中から痛かった

妊娠後期になればなるほど、胎児が大きくなっていき負荷が大きくなります。

それに伴いお母さん側の姿勢や重心の位置もずれて、骨盤のゆがみによる反り腰で尾てい骨の位置が変わります。

また妊娠中から出る女性ホルモンの影響で、骨盤がゆるみやすくなってしまい、骨盤周りにある筋肉が硬くなってしまうなどで痛みが出やすくなります。

②分娩直後に痛くなった

尾てい骨は自然分娩の場合、赤ちゃんの頭が産道を通りますよね?

その時に赤ちゃんのおでこの部分が、尾てい骨を押し込んでしまいます。

実は尾てい骨は少しだけ動く傾向があるのでその赤ちゃんの頭の圧力によって、尾てい骨が動きます。

その時に尾てい骨にねじれが出たり、後ろに押し込まれるような状態になって、痛めてしまうこともあるんです。

これが分娩直後に痛みが出る原因の1つになってきます。

③産後しばらくしてから痛くなった

もともと妊娠中から骨盤や、骨盤周りの筋肉には負荷がかかり続けるので、その部分が痛んでいる可能性があります。

その痛んでいる状態で足を組みながら授乳したり、ぐにゃっとなるような座り方をして、尾てい骨に圧力をかけすぎてしまうと痛みが出てしまいます。

やはり普段の姿勢が悪いと、徐々に痛みにつながっていくので、注意が必要です。

どんな原因があって痛んでいるのか?
尾てい骨の痛みに悩まされている女性

様々な原因があるのですが、これは負傷パターンによって変わってきます。

出産自体が原因で尾てい骨自体が痛んでいる場合と、仙腸関節自体が痛んでいる場合があり、尾てい骨にヒビが入ったり骨折しているときもあります。

また骨盤周りに原因がなく、靭帯や骨盤底筋が痛んで、尾てい骨周辺に痛みが伝わっているパターンもあるんです。

女性は本当にたいへんですね・・・。

尾てい骨痛の治療法ってあるの?

産後のケアのために矯正を受けている女性

尾てい骨痛が治らない場合産婦人科や整形外科などで、診察を受けると思いますが、ほとんどの場合

『産後だから仕方ない・・・』

と言われることが多いと思います。

小さい骨なのでヒビが入っている可能性がありますが、ヒビが入っていても適切な治療を行うことで、血液循環が良くなり逆に回復が早くなることもあります。

骨折以外の場合は骨盤の位置を正常に戻すことによって、骨盤周りにある筋肉や靭帯の回復をうながすようにしていきます。

ただ治療を受けても、日常生活の過ごし方が悪いと治るのが遅くなります。

特に産後は骨盤のゆがみや開きが大きい分、足を組む状態での授乳などは尾骨を痛める原因になるので、注意してくださいね!

ほとんどの痛みは改善しますが、再発の可能性も・・・

骨盤のゆがみやねじれ、骨盤周りの筋肉を治しておくことで、痛みがほとんど気にならないくらいまで改善します。

しかし改善したからといって、普段の姿勢が悪いと必ず痛みが戻ってきます。

骨自体が元に戻っても抱っこが続いたり、骨盤周りに疲労がたまると筋肉のせいで、痛みが伝わりやすくなってしまうので日頃からのケアが重要となってきます。

ケアをすることで痛みの再発が防げますので、安心してください!

尾てい骨痛のまとめ

妊娠中から産後までさまざまな時期に痛みがありますが、みなさん共通しているのは骨盤のゆがみがあったり、座り方が悪いなどの普段の姿勢が原因で痛みがあることが多いです。

実際に当院の患者さまにも普段の姿勢を改善していただいただけで、尾てい骨の痛みがなくなった方は大勢いらっしゃいます!

産後の骨盤矯正を受けていただくだけでも、尾てい骨の痛みがなくなった方は多いですが、それでも治らない方は普段の姿勢の改善を考えてみてはいかがでしょうか?

座って立つときや、座っているときに痛みが出ることが多いので、骨盤を立てるような座り方(坐骨で座るような感じ)を徹底してみてください。

それだけでお尻周りの筋肉の負担が減って痛みが軽減されやすくなります。

痛みの程度にもよりますが、あまりにも痛みがひどい場合は、骨折の可能性があるので病院にいって現状を知るのもいいかと思います。

時間が経てば痛みがなくなってくることが多いですが、僕は早い段階での治療をお勧めさせていただいています。

1人で悩まずいつでも相談してくださいね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

男女の治療家

 

執筆担当:三尾昭文
所持資格:柔道整復師 鍼灸師 サプリメントアドバイザー


柔道を中学・高校・大学と経験。昔から親しい道場の先生が整骨院を経営しており、ケガをする度に治療をして頂いていたのがきっかけで治療業界を志すようになる。

</d

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分