ぎっくり腰(症例2)

患者

男性 N.Tさん 40代 会社員 大阪市淀川区在住

来院

2017年 6月28日

症状

2日前に自動車から降りて、席に置いてる鍵をかがんで取ろうとしたときに、左腰部に激しい痛みが出てきて動けなくなったとのこと。

座位でいるだけでも痛いとのこと。

腰の前屈・後屈・側屈・回旋全てにおいて疼痛が出現

腰部に圧痛はあり。熱感はわずかに感じられる程度であった。

咳やクシャミをすると激しい痛みが出現。

前日来院予定であったが、左腰部が痛すぎて動けなかったとのこと。

1ヵ月ほど前から腰に違和感を感じていたとのこと。そして、ここ2週続けてゴルフに行かれて腰は疲れていたと思うとのこと。

普段はデスクワークがほとんどだとのこと。

お休みの日は体を動かす事が好きなので、ゴルフ以外に野球をしたりランニングしたりしているとのこと。

既往歴

特になし

治療内容と経過

骨盤と腰椎のゆがみもあり、疲労の蓄積からくるゆがみが原因で起こった筋痛症による腰痛だと考えた。

初回は、伏臥位が困難なため座位にて施術を行った。

左腸骨筋(骨盤の内側)と左ではなく右殿筋に強い緊張があったため、まずこれら調整を行った。

次いで第5腰椎のズレを骨盤の調整も立位で行った。さらに左肩甲骨が動かない状態だったため、右肩甲下筋を調整した。

施術後初めの痛みを10とすると8まで改善したとのこと。

2回目(2日目)の施術では痛みは8割残。

3回目(3日目)の施術で痛みは6割残。可動域も徐々に改善されてきた。

4回目(4日目)の来院で痛みは3割残。ずいぶん改善されたが、前屈がまだ残っているの事であった。明日から海外に出張されるとのことで暫く来れないとのことであった。出張中は症状悪化を防ぐため立ち方や生活アドバイスを指導して頂いた。

5回目(20日目)出張中は少し症状が戻るものの随分あ回復された。施術後、症状もなくなったということだったので治癒とした。

 

腰痛の再発防止のため1ヶ月に1回、メンテナンスで来られるようにご提案させて頂いた。

施術方法

骨盤矯正 脊椎矯正 大腰筋調整 大殿筋調整 内臓調整 肩関節調整

考察

もともとスポーツや体を動かうことが好きな方で、今回は2週続けて行かれたことと、普段、間違った姿勢や体の使い方をされていたので、それが骨格や筋肉のバランスを壊し、筋肉の過緊張を引き起こし急性腰痛(ギックリ腰)になったと推測できる。

ぎっくり腰は過度の疲労や日常生活に原因があることがほとんどなので、自宅でのセルフケアなどで疲労をうまく解消すれば予防はできると考え、今回もそこにフォーカスしてセルフケアなどを指導した。

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分