現代人は糖質の摂りすぎ?

人間の身体にとって欠かせないエネルギー源である糖質。
ほとんどの方が好きなのではないでしょうか?
糖質は、タンパク質、脂質と並ぶ3大栄養素の1つで脳や身体を動かすエネルギーになります。
砂糖や果物だけでなく、ご飯やパン、麺類、イモ類にも含まれています。
不足するとエネルギー不足による疲労感や集中力が低下し、特にブドウ糖が必要な脳や、神経系で供給不足になると意識障害の原因にも。
過剰な摂取も消費しきれなかった糖質は中性脂肪として蓄積されるので肥満や糖尿病などの怖い病気にもつながります。

昔に比べ現代では様々な食べ物の普及が進む中おいしさを追求するあまり砂糖を多めに使ったり脂肪分を多く含んだケーキ類などが出回って来ました。
身体が吸収する糖分の量を超えると中性脂肪になり肝臓や脂肪細胞に蓄積され内臓に脂肪がついていくようになります。

さらに糖質を摂りすぎると老化の原因となり肌や骨の弱化の原因となり血管に蓄積すると脳梗塞や心筋梗塞の原因となり
最悪の場合死に至ってしまうのです。

なんでもかんでも糖質制限をすれば良いのかと言えばそうでもありませんが、現代人は気付かないうちに片手間にお菓子をつまんだりと糖質を摂りすぎています。
昭和中期までは1人あたりの年間糖質摂取量が300gだったのに対し、平成10年頃から1人あたりの糖質摂取量が19Kgまで増えました。

 

糖質を摂取しすぎることで骨や神経系にも問題が出てくる?

身体の中の成分は弱アルカリ性で保たれているんですが糖質を摂ると身体が酸性に偏ってしまいます。

しかし身体はまた弱アルカリ性に戻そうとするのですが、その時に使われるのがカルシウムなんです!
カルシウムが不足すると骨が脆くなるばかりか骨粗鬆症の原因になってしまいます。
またカルシウムは神経伝達を良くする働きもあるので、不足すると身体を動かしにくい原因にもなるのでいかに糖質を摂りすぎるのが良くないかがわかりますね。

 

糖質が原因で高血圧の原因に?

糖質を摂りすぎることによって高血糖になります。
高血糖の状態になると血液の糖濃度を下げるために血液の量が増えると言われています。
血液の量が増えると結果的に全身へ血液を送るので大きな圧力がかかりすぎるため血圧が上がります。
また高血糖になると血液がドロドロになるので腎臓の血管壁を傷つけしまうので、本来の腎臓の機能が低下し尿として排出されるはずだった毒素が体内に溜まり最悪の場合目が失明したり足の壊疽の原因となってしまいます。

 

糖質を効率よく代謝する方法とは?

必ず1日3食を規則正しく、特に3大栄養素を中心にビタミン、ミネラル、食物繊維をバランスよく含んだ食事を摂ることが大切です。
また食事だけでなく睡眠や運動をすることも大事です。
当院ではバランス整体という治療を行いながら患者様に栄養指導などもさせていただいてますので、今後の事も考えての治療をお勧めします。

 

執筆担当:三尾昭文
所持資格:柔道整復師 鍼灸師 サプリメントアドバイザー


柔道を中学・高校・大学と経験。昔から親しい道場の先生が整骨院を経営しており、ケガをする度に治療をして頂いていたのがきっかけで、治療業界を志すようになる。

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分