四十肩・五十肩(症例2)

患者

女性 T.Iさん 50代 主婦(立ち仕事) 淀川区在住

 

来院

2017年 11月18日

症状

当院へはホームページを見て来院して頂いた。

首から肩こり、腰痛は昔からあったが5ヶ月前から急に夜も眠れないほど、右肩の痛みが出現。

特に原因はわからないとのことだったので、整形外科を受診しレントゲンを撮ったところ肩関節の変形がみられたとのことだった。

それから肩関節にヒアルロン酸の注射や、痛み止めの薬を服用したり、病院でリハビリやマッサージを受けたがどれも効果がなく悩むほどであった。

それでも繰り返して通院されていたが、ほとんど肩関節の改善が見られなかったので整骨院に通う決心をした。

視診では猫背がひどく肩甲骨が前に引っ張られ、前の大・小胸筋が収縮していたので姿勢に問題があるとみた。

触診でもそれらの筋肉の緊張や、肩関節に関連のある腕橈骨筋などもかなり緊張していたので、この猫背の状態でいくら丁寧にマッサージしても治るはずもない。

姿勢の改善もそうだが骨盤の歪みもあるとみて、まずは骨格の改善とともに、普段から痛みで眠れない患者様のストレスや不安を解消するべく心のケアもしていくことにした。

 

 

既往歴

境界悪性卵巣腫瘍

治療内容と経過

私もいくつもの五十肩の症状を見てきたが、姿勢が改善しないままいくら丁寧なマッサージや可動域ストレッチをしても治ることはないし、治ったとしても長期間の時間を要するので、この長期間の間に色々なストレスを溜め込んだり、いつ完治するのかという不安と戦っていくことが多くなる。

また患者様も繰り返しての通院自体にもストレスが加わるので、なるべく早く治すようにしなければならない。

このことを踏まえて、今回の患者様には姿勢の改善や骨盤の歪みの改善をして頂き、全身の血流改善とリンパの流れを良くするために治療をすることにした。

 

1回目の治療がとても肝心でここでしっかりと骨盤の歪みや、姿勢の改善をしないと2回目以降も改善が少なくなる。

なので1回目で大幅に身体の改善をしていき、骨格などをしっかり調整してから筋肉の緊張を取っていけばいい話である。

病院などの治療のやり方はほとんど局所ばかりで電気を当てたり、薬の服用を勧められるのでその場では良くても

根本的に治っていないのでまた症状が再発してしまう可能性が高くなる。

当院では根本治療を目的としているので、まずは骨盤の歪みを調整し、土台が整ったら姿勢を真っ直ぐするよう、姿勢改善ストレッチを行う。

そこから筋肉・筋膜治療をしていくとかなりの効果を得られることになる。

また患者様によるが食生活にも痛みと直結することがあり、右肩の痛みは肝臓が原因なこともある。

患者様に食生活をお聞きしたら、油ものを多めに摂ったりしていることが多く、肝臓は油ものを分解する役割があるので肝臓が疲れ、今回の痛みに関わっているとみて肝臓の調整も行うことにした。

また長年の骨盤の歪みや、猫背の姿勢などを早めに改善しないといけないので、繰り返して3回連続で来院をお願いした。

2回目(3日目)今回骨盤の歪みがなかったが、姿勢はまだまだ変わっていなかった。

ただ前回までの痛みがかなり緩和され、夜中に感じていた右肩のうずくような痛みもかなり緩和されていた。

食生活も油ものを控えたということもあり、肝臓の負担も減ったため全身の循環が改善したと思われる。

今回でも骨盤が歪みが戻らないようしっかりと骨盤の調整をしつつ、姿勢の改善ストレッチを実施、さらに肝臓の調整も行うようにし、もう一回だけ続けての来院をお願いした。

3回目(7日目)痛みの続く日があったが、来院して頂いた当日は痛みがほとんど出ていなかったとのこと。

また関節の可動域も完全ではないが、最初に来ていただいた時よりははるかに肩が動かしやすくなった。

動作的には肩関節を後ろに回す動作が一番痛かったが、少し引っかかりがある程度でかなりの改善が見られた。

痛みにより寝にくかったのが、寝れるようになってきたので、ストレスや不安もなくなってきた。

3回目でかなりの改善がみられたので、ここから1週間間隔を空けて頂くことにした

4回目(28日目)痛みは続いているが前回同様眠れないほどの痛みはなく、快眠出来ているということだった。

また肩の可動域も前回より上がり、姿勢も初回よりはだいぶ伸びている。

骨盤の状態も歪みはなく安定しているといっても過言ではなくなってきた。

この骨盤や姿勢の歪みがないまま一生を過ごせば、必ず痛みの減少や内臓系の病気になりにくくなったりするので、姿勢や骨盤の位置がいかに大事かがわかる。

今のうちにしっかりと骨盤や姿勢を治しておけば将来的にかなり楽になるので、患者様に姿勢の重要さを説明させていただきまた1週間間隔を空けていただくことにした。

施術方法

骨盤矯正・臀筋調整・腸腰筋調整・腓骨筋調整・肩甲骨調整・棘下筋・小円筋調整・姿勢矯正ストレッチ・小胸筋調整・大胸筋調整・上腕筋調整・腕橈骨筋調整

考察

五十肩は局所だけ診れば病院であればそこに注射を打ったり、痛み止めなどの薬を服用させることが多く、保存的治療で済ませることが多いし、プラスリハビリでのマッサージや可動域運動をしてもその箇所だけしか見ないので治るのに時間がかかりすぎてしまうケースが多い。

五十肩でも早めに治すには肩関節だけでなく、全身のバランスを診て調整しないと、人間は一部分で動いているわけではないので治るものも治らなくなってしまう。

五十肩に骨盤が関係あるのかと疑問の声も多いが、実際今回もマッサージすることなく骨盤や姿勢の調整を行うだけで肩関節の可動域や痛みが緩和されていくのがわかるケースだといえる。

肩の可動域を上げるのも重要だが、まずは全身のバランスを整えてから局所的に、体質改善することをお勧めしたい。

 

ネット予約
LINE登録3つのお得紹介
託児ルーム完備!
 住所 
〒532-0006
大阪市淀川区西三国3-17-2
 アクセス 
阪急宝塚線 三国駅北出口から三国商店街へ徒歩5分
 TEL/FAX 

もう大丈夫!私たちにおまかせください

06-6350-0077

受付時間
9: 00 ~ 12:30
15: 00 ~ 20:00

Googleマップ


大きな地図で見る
〒532-0006 大阪府大阪市淀川区西三国3丁目17-2
◆阪急宝塚線 三国駅東出口からサンティフル三国商店街へ徒歩5分