Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

 

産後骨盤矯正(症例26)【腰痛がなくなり体重も落ち妊娠前のズボンがはけました!】

骨盤矯正を受けるたびに体重が減っていき、産後から出ていた腰痛がなくなった!

9回ほどの治療で症状が改善していくまで

 

淀川区にお住いのM.J様

お住まいの地域 大阪市淀川区
お仕事 主婦(デスクワーク)
お悩みの症状 骨盤の開き・下腹のでっぱり・腰痛

M.J様が当院に来院された経緯

産後約4ヶ月で来院されたM.Jさん。

妊娠前から仕事中に腰が張るような感じはしていたが、産後から腰の痛みがひどくなってしまいました。

また産後から骨盤が開いている感じがし、前に履けていたズボンが履きにくくなってしまい、体重も4Kgほど戻っていない。

この状態を改善したいとのことで、当院の患者さまのご紹介で産後の骨盤矯正を勧められ、来院されました。

また近々お引越しをされるとのことで、間隔をつめて来院していただけるということでした。

(さらに…)

 

腰痛【症例26】17年間悩んでいた腰痛が楽になった経緯

17年間何をしても良くならなかった長年の腰痛が楽になりました!

 

淀川区に在住のS.K様

お住まいの地域 大阪市淀川区
お仕事 立ち仕事
お悩みの症状 腰の痛み、肩こり

S.K様が当院に来院された経緯

17年前にご出産されて以来腰痛を発症されたとのことでした。
更に3年ほど前にギックリ腰になりそれから仕事中に強い腰痛が頻繁に出るようになったとのことです。
病院や治療所に行ったが良くならなかったので今回口コミを見てご来院になりました。

(さらに…)

 

産後骨盤矯正 腰臀部痛(症例25)

患者

女性 S.Kさん 20代 主婦 大阪市淀川区在住

来院

2018年 4月13日

症状

当院へは口コミサイトを見ていただき来院された。

H30.2月頃に帝王切開での出産を経験されたが、マタニティ期から腰痛に悩まされ特に左のお尻に激痛が走るように。

産後も腰痛と左のお尻の痛みが治らず歩くのもつらい状態だった。

産後の骨盤矯正を受けるにあたって改善したい優先順位としては、①腰~お尻の痛み②下腹の出っ張り③骨盤の開き・ゆがみなど。

目標としては痛みを取りたいということだったので、腰からお尻の痛みの原因となる部分を探るべく、治療に入っていくことにした。

(さらに…)

 

産後骨盤矯正(症例21)

患者

女性 M.Tさん 20代 主婦 大阪市東淀川区在住

来院

2018年 2月20日

症状

当院へはホームページを見ていただき、産後の骨盤矯正を希望され来院していただいた。

H28・6月頃に自然分娩で2回目の出産を経験されたが、1人目の出産のときは痛みなど何も症状がなかったので、産後の骨盤矯正をしなかったということだった。

今回2人目をお産みになられてから、腰痛が顕著に出ており、特に起床時の痛みが気になる。

骨盤自体も床に座ると腰がカクンとはずれそうな感じがするとのこと。

まず2度の出産で骨盤が大きくゆがみ、開いているのは予想されるので、それが原因で仙腸関節がしっかりと結合していないので不安定になっているのだろう。

骨盤周りが不安定になると筋肉の緊張度が強くなり基礎代謝が悪くなるので、まずはその部分を治してから他の部分を治すことに。

ご本人様の悩みとしては①腰痛②骨盤のゆがみ③頭痛など④下腹の出っ張り➄足のむくみだった。

一番としては骨盤のゆがみや腰痛などの痛みを取ることだが、足のむくみなどでも履けなくなったズボンが多いとのこと。

痛みを取りながらと同時に、体のサイズダウンの治療も同時に進めていくことに。

(さらに…)

 

猫背矯正 腰背部痛(症例5)

患者

女性 S.Kさん 20代 主婦(デスクワーク) 大阪市淀川区在住

来院

2017年 12月2日

症状

当院へは口コミサイトを見ていただき来院された。

症状としては腰背部痛とのことだったが、元々生理などのときに腰背部痛が出やすかった。

今回は生理など関係なく激しい腰痛が出たとのことで、思い当たる原因としてはデスクワークによる座りっぱなしで腰痛が出たのではないかとのこと。

普段から足を組む習慣もあり、骨盤がゆがんでいるのは容易に想像できたが、患者様の姿勢を横から見せていただいたときに、猫背の度合いが大きかった。

姿勢が悪いことによって、背中の筋肉が前に引っ張られ続け、長年の筋緊張の蓄積による痛みだとも考えられる。

骨盤を治しても背骨などを治さないと、一時的には良くなってもまた再発する恐れがあるので、骨盤+姿勢を治すために、猫背矯正での治療を提案させてもらうことに。

(さらに…)

 

ぎっくり腰ってなんでなるの?

冬場になるとぎっくり腰の患者様が多くなるのですが、ぎっくり腰とは『グキッ!』と急に発生するすべての腰痛のことをいいます。

私自身も柔道をやってたときがあって、ぎっくり腰になったことがあるのですが、その強烈な痛みから『魔女の一撃』という恐ろしい表現を使われることもあります。

冬場は全身の筋肉がかたまりやすいので腰の動きが悪くなって疲労がたまると、重いものや腰をひねった時に腰の筋肉が傷つき痛みがでるのです。

※ぎっくり腰には椎間板ヘルニアなどの痛みも含まれます。

次はぎっくり腰の原因についてみていきましょう。

(さらに…)

 

腰痛(症例3)

患者

女性 Y,Mさん 30代 主婦(看護師) 淀川区在住

 

来院

2017年 12月7日

症状

ここ数日間で腰が痛い日が続いていたが、当院にお越しになられる前日に、お子様を抱っこしたときに左の腰あたりから急激な痛みが走った。

昨年にもぎっくり腰を経験していたが、今回のような強烈な痛みは初めてだったとのこと。

3年前に出産をしたあとに産後の骨盤矯正や他の整骨院などでのマッサージなどの経験もしておらず、普段から足を組むクセや看護師をされているということで、患者様の介助などもプラスされて腰部にかなりの疲労が溜まっていたと思われる。

今回の患者様には骨盤のゆがみを整えることで体が回復傾向に向かうが、普段からの足の組むクセを治さないと、なかなか回復しないことを説明させていただき治療に入っていくことにした。

 

(さらに…)

 

マタニティ整体→産後骨盤矯正(症例3)

患者

女性 Y.Nさん 30代 主婦 淀川区在住

来院

2017年 8月5日

症状

過去に当院にお越しいただいていて2人目の妊娠をきっかけに、再度来院していただいた。

今回の妊娠で2回目になるが、1人目を出産されてから産後の骨盤矯正をしていなかった。

そのこともあってか元々骨盤が大きく歪んだ状態から、2人目を妊娠され8ヶ月目を迎えられた時に右の臀部から腰に激痛が走り、歩くのも困難なほどの痛みだった。

マタニティ期は胎児の影響もあり、体の重心の位置が変わったり、骨盤の歪みがさらに悪化した状態になるケースもあるので今回はそのケースに当てはまったと考えられる。

目標としては数日間で日常生活で支障が出ないくらいに歩けるようになりたいとのこと。

今回も胎児に影響の出ないような施術を心掛け、痛みを取っていくようにした。

 

(さらに…)

 

産後骨盤矯正(症例19)

患者

女性 S.Tさん 20代 主婦 淀川区在住

 

来院

2017年 9月2日

症状

当院にはホームページを見て頂き来院された。

H29.4月頃に自然分娩での出産を1回経験されてから、抱っこの繰り返しにより腰痛が出現。

元々立ち仕事をされていた時から腰痛が出現していたとのことだったが、今回腰痛が今までにない痛みが出てしまった。

腰痛が出る動作としては前屈時が一番つらいとのことで、骨盤矯正を受けるにあたりサイズダウンというよりは、痛みを取りたいとのことだった。

また①は腰痛だが②恥骨の痛み③両足関節の痛みも出ているということだったので、痛みを取りながら産前の体型まで戻していくよう治療をしていくことに。

(さらに…)

 

腰部椎間板ヘルニア(症例3)

患者

女性 M.Kさん 20代 主婦 淀川区在住

2017年 11月18日

症状

当院へは知人の紹介で来院していただいた。

来院される1ヶ月前にお子さんを抱っこしたところ、左腰部から足にかけて激痛が走り、そのまま病院で行きMRIを撮り、腰部椎間板ヘルニアと診断された。

病院での主な治療は腰部へのブロック注射のみで、まったく治る気配がない。

また左脚をかばっているからか最近右脚まで痛みが走るようになったとのこと。

目標としては日常生活に支障が出ないようにしたいということだった。

(さらに…)

初めての方限定割引

施術スタッフ募集

三国しんのう整骨院健康ブログ

交通事故治療での医療機関と整骨院の上手な使い方